名古屋市 宮本歯科 - 抜歯・難抜歯(親知らずなど難しい抜歯)対応医院。歯科用CT・笑気吸入鎮静器完備! 親知らずでお悩みの方、痛い・怖い抜歯は嫌とお考えの方へ

抜歯・難抜歯(親知らずなど難易度の高い抜歯)対応医院

当院では通常の歯科医院ではあまり対応していない
歯ぐきに埋まった歯(埋伏歯)や親知らずの抜歯に対応しています。

安全に、安心して外科手術を受けていただくために他院では抜歯できないと言われた方もご相談ください!

当院の抜歯・難抜診療体制

難易度の高い抜歯を安全に施術し、
また患者さんに安心して治療を受けて頂くための診療体制を簡単にご案内します。

歯科口腔外科 医療機関に口腔外科医として長年に渡り在籍、歯科口腔外科医として経験豊かな歯科医師が執刀します。
歯科麻酔 歯科麻酔科学に長けた歯科医師が常駐、笑気吸入鎮静法による抜歯手術も可能です。
診療設備 歯科用CT、手術用医療設備、歯科麻酔用設備、安全衛生設備などを万全に備え、安全に施術する環境を整えています。
総合病院の歯科などとほぼ同等の設備を有する当院なら、
より安全に、そして安心して施術を受けたい方、
より痛みなく、少しでも快適に治療されたい方、
痛がりさん、怖がりさん、歯科恐怖症の方にも、

抜歯・難抜歯の対応が可能です。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
このような時に抜歯を検討します

重度の歯髄炎

歯根端切除術

重度の虫歯で歯髄(歯の神経)の炎症が著しい。

歯冠部が完全に崩壊している。
残っている部分が歯ぐきに隠れてしまっているなど、歯を残すことができない。

また歯根先端部に根尖病巣ができると、激痛の原因になったり、歯槽骨の破壊が進んでしまいます。

このような場合、抜歯の検討(戦略的抜歯)はもちろんのこと、一刻も早い治療が必要となります。

根尖性歯周炎、根尖病巣

根尖性歯周炎

歯の歯根先端部やその周囲に起こる病変(炎症)で、虫歯で神経が壊死した歯、過去に虫歯の処置として根管治療をした歯、歯周病を原因として起こります。

例えば、歯が割れてしまっていて炎症が慢性化している場合などは、影響を最小限に留めるために抜歯を検討することになります。

過度な歯槽骨吸収

歯根端切除術

重度歯周病などで歯槽骨の吸収が著しく、歯がグラグラと動き、もはや歯を支えることが困難となっている場合、周囲の歯への影響を考慮して抜歯を検討(戦略的抜歯)することがあります。

いわゆる歯周病の末期的状態です。

歯並び・咬み合わせの異常

歯並びや咬み合わせの異常には様々な原因があります。
その中で、以下のような場合に抜歯の検討をすることがあります。

小児歯科・小児矯正
歯が生える位置の異常や上下顎の位置異常があると、成長するにつれて歯並びや咬み合わせが悪くなることがよくあります。
将来的に歯並びや咬み合わせの悪化が予測できる場合、抜歯を検討したり、小児矯正をお勧めすることがあります。
一般矯正
永久歯列期(小学校高学年以上~)の歯並びや咬み合わせの異常も歯の位置の異常や上下顎の位置の異常によるものが多く、この場合は一般矯正の手段として抜歯を検討することがあります。
親知らず(第三大臼歯)の抜歯
いわゆる親知らず(第三大臼歯)は20歳前後で生えてきます。
現代人の顎骨には不適当なのか、歯ぐきに埋まったままだったり、斜めに生えることが非常に多く、時としてそれが起因して虫歯や歯周炎を起こすことがあります。
このような恐れのある場合、周囲の歯への影響を考慮して抜歯を勧めることがあります。

虫歯・歯周病予防

歯根端切除術

虫歯や歯周病予防の観点ではやはり親知らず(第三大臼歯)の問題が大きいです。

ただでさえ歯磨きの難しい奥歯ですが、斜めに生えた親知らずがあると歯磨きはさらに難しくなります。
これは奥歯で最も大切とされている第二大臼歯が虫歯や歯周病に侵される恐れの増大に繋がるため、親知らずの抜歯を検討することになります。

いずれにしても抜歯の有無の検討が一番大切です。
とくに親知らずの不良は、虫歯や歯周病のリスクを増大させ、また歯並びを崩す要因にもなることがあります。

当院では抜歯を安易にお勧めしておりません!
患者さんが受けるリスクや予後を十分考慮し、
必要性を判断した上で抜歯の提案をしています。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
よく聞く「親知らずの抜歯」とは?
親知らず:当院レントゲン写真より

まず最初に親知らずについて簡単に説明します。

親知らず(第三大臼歯)は上下顎の一番奥に20歳前後と一番遅く生えてきます。
親が子どもの歯に関心のなくなる成人期になって出てくるので“親知らず”や“智歯”と呼ばれています。

遅く生える故なのか親知らずが正常に生えることは稀で、歯ぐきに埋まったままだったり、斜めに生えてしまったりと、口腔衛生や口腔の健康の観点から非常に厄介な存在としても知られています。

親知らず(第三大臼歯の生え方
親知らず(第三大臼歯の生え方

親知らずは退化器官?

永久歯列(第三大臼歯・親知らず・智歯)

親知らず(第三大臼歯)は退化傾向の最も強い歯とされており、人類の進化によって遠い未来には退化してなくなる運命にあると考えられています。

ある研究論文では「縄文時代の人は全体の55%が第三大臼歯を4本持っていた。ところが現代になるとその率は3%に過ぎなかった」と報告(日本)しています。
このように退化の進む親知らずですが、縄文時代にはすでに退化が始まっていた傾向にあると考えることができます。

そんな親知らずですが、問題を抱えている方、不安に感じている方はやはり多く、当院の患者さんからもよく相談を持ち掛けられます。

親知らずは“必ず必要な歯”というわけではありません。

むしろ、虫歯や歯周病のリスク増大や咬み合わせ異常などの
問題を抱えた親知らずは抜歯する方向で考える歯科医師が多数派だし、当院もそのように考えています。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
気になる親知らず! こんな時にご相談ください!

当院が抜歯をお勧めする理由はたったひとつ、
患者さんの口腔環境を良好に保てるようになり、さらなる健康増進のお役に立てるからです。
かかりつけの歯科医院として患者さんとの長いお付き合いを考えると、これは大切なことです。

特に親知らずで次のような症状を感じている方はお気軽にご相談ください。
(ご自身の親知らずがよくわからない場合は奥歯の症状でお考えください)
綿密な診察と検査で抜歯の有無から検討させていただきます。

歯が痛い。噛むと歯に痛みを感じる。
冷たいものや甘いものがしみる。
歯ぐきが痛い。痛みがあるのでよく噛めない。
歯ぐきが腫れる。頬が腫れる。腫れに慢性感(度々の再発)がある。
歯ぐきの異臭や血の味を感じる。
口を開けた時に顎がガクガクしたり、痛みや音がする。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
抜歯・難抜歯の治療なら当院にお任せください
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る