名古屋市中村区「宮本歯科」 - 不定愁訴! 顎関節症をスプリント療法・咬み合わせの治療・レーザー治療器による理学療法・筋機能訓練などによって複合的に治療します!

顎関節症

顎を動かすと“カクカク”と音がする・・・
顎が痛くて、口をあけられないし、食事も満足にできない・・・

当院では顎関節症の治療を、咬み合わせの治療・スプリント療法・レーザー治療・筋機能訓練などを中心におこなっております。
慢性的な不定愁訴・顎関節症でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

顎関節症とは?
顎の痛みで悩んでいませんか?

顎関節症は顎の筋肉の疼痛、顎の関節音、および顎関節の機能障害などを主な症状とする慢性疾患です。 自覚症状もその程度も様々で、症状が重いとめまいや痛みが身体全体におよぶなど日常の生活に支障をきたすこともあります。

未知の部分の多い顎関節症ですが、頬杖などの悪癖や近年の軟食化(軟らかい食事が中心)の影響など、生活習慣が原因のひとつとも言われています。

顎関節症の症状

当院では、次のような症状が診られたら顎関節症を疑います。

顎関節周辺に見られる症状
開口障害 痛みで口を大きく開けることができない。
一時的に口を閉じることができなくなることがある(ロッキング現象)。
顎関節痛 食事などで顎を動かした時に、顎関節の痛み・頬の痛み・こめかみの痛みがある。
顎筋肉痛 食事の時などに顎がすぐ疲れる。顎や頬などの筋肉痛を感じる。
顎関節音 顎を動かすと「カクカク」と音がして気になる。
その他の症状
耳に痛みを感じたり、耳鳴りがする時がある
偏頭痛や目の疲れ
首や肩、背中の痛みや肩こり、腰痛など全身におよぶ痛み

顎関節症のタイプ

顎関節症には大きく分けて次の5つのタイプがあります。

顎関節症Ⅰ型
筋肉の障害
筋肉(咀嚼筋など)の過緊張による障害
顎関節症Ⅱ型
関節包・靭帯の障害
関節包は骨と骨を継ぐ関節を包む繊維性の膜で、関節の円滑な稼動を助けています。 靭帯は関節包の外側の骨と骨を繋ぐ紐状の繊維組織で、関節が離れてしまわないように保持したり、関節の動きの方向性を制御しています。
これら線維組織の炎症などによる障害。
顎関節症Ⅲ型
関節円板の障害
関節円板は上顎と下顎の骨の間にあり、関節のスムースな動きを助けています。この関節円板の位置がずれたり、変形すると、顎を動かした時の異音が起こるようになります。
重度の場合は口の開閉も困難になります。
顎関節症Ⅳ型
骨の変形
顎関節の骨や軟骨が変形してしまう障害。
顎関節症Ⅴ型
その他
上記にないものや、これらを併発している場合。

当院に来院される患者さんは顎関節症Ⅱ型または顎関節症Ⅲ型の方が多く、ほとんどの方は以下でご案内する【歯科的療法】で治すことができます。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
顎関節症の治療方法

日本顎咬合学会(認定医)、日本顎関節学会で研鑽する理事長による治療

顎関節症の治療法には“保存的治療法”と“外科的治療法”がありますが、最近では保存的治療法が優先されておこなわれてます。
保存的治療法には顎関節症のタイプにより異なりますが、大きく分けて次のような方法があります。

カウンセリング

患者さんのお悩みや現在の状況などをお聞きします。
その後、病態・治療目的・治療目標・治療法について説明し、患者さんの納得のもと治療に入ります。

薬物療法

顎関節痛や咀嚼筋痛などの疼痛を緩和する対症療法が基本になります。
治療に用いる薬剤には鎮痛消炎剤・筋弛緩剤・精神安定剤などがあります。

歯科的療法

当院の最も得意とする治療分野になります。
長年の培ってきた経験を基に患者さんの状態に向き合い治癒を目指していきます。

マニピュレーション(徒手的関節円板整位術)

顎の整体治療によって間接円板の復位が可能な場合、以下の治療に先立っておこないます。

スプリント療法(マウスピースを入れる)

スプリントは顎関節症の治療に用いるマウスピース形状の装具です。
顎関節症の状態に合ったスプリントを製作し、装着して改善を図ります。
その時々の状態にあわせて作り替える必要があり、複数のスプリントが必要になります。

咬合治療(咬み合わせの治療)

スプリント療法と並行しながら【正しい咬み合わせ】に整え、顎間接への負荷を改善していきます。

理学療法

物理療法 温罨法・冷罨法・電気刺激療法(マイオモニター)・レーザー療法・マッサージ
運動療法 徒手的関節円板整位術・ストレッチ療法

ホームケア

歯科医師の指導のもと患者さんご自身でおこなう筋機能訓練です。
筋訓練療法・開閉口運動訓練療法・マッサージなどがあります。

その他

関節円板の復位を容易にする関節腔内注入療法や関節包の浄化して症状を改善する関節腔洗浄療法などがあります。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
最近主流になりつつある顎関節症の考え方

顎関節には耐久力(機能的な限界)があります。
顎関節症はTCH(歯列接触癖)や歯軋り(ブラキシズム)、ストレスなどが相乗的な負荷となり、顎関節が耐え切れなくなった時に発症するとうい考え方が主流になりつつあります。

また、長年培ってきた経験から【咬み合せ】の影響も大きく、悪い咬み合わせを治すだけで顎関節症が治ってしまう方も大勢おられます。

顎関節症発症

TCH(歯列接触癖)とは?

TCH(歯列接触癖:Tooth Contacting Habit)は起きている時に無意識におこなわれる“上下の歯を持続的に接触させる癖”のことです。
人間は唇を閉じていても上下の歯は本来は接触していません。
歯が噛みあうのは会話や食事の時のみで、上下の歯の接触時間は1日に平均すると17.5分という調査結果も出ています。

それでは、TCHの癖を持つ方の上下の接触時間はどうでしょう?
格段に増えることは間違いありませんし、顎の筋肉にはその間相当な負担がかかっています。
筋肉が疲弊するだけでなく顎関節への過度な緊張が続くため関節の血の巡りも悪くなります。
これがTCHを一要因とする顎関節症のメカニズムです。

リラックスした顎の状態TCHを起こした状態

歯軋り(ブラキシズム)とは?

歯軋りというと就寝中に“ギリギリ”と歯と歯を過度にこすり合わせる状態をイメージすると思いますが、ここで取り上げる歯軋りもTCHに対するものとして扱うためイメージ通りの就寝中の歯軋りになります。

歯軋りは歯と歯による過剰な接触であり、過剰な圧力がかかるため、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担に繋がります。
近年では、昼間のTCHと同様に顎関節症の一要因として考えられています。

歯軋りは咬合習癖の一形態【ブラキシズム】として3つに分類されています。

グライディング 上下の歯を強く擦り合わせる臼磨運動で“ギリギリ”という特異なきしり音がします。
睡眠中に多い一般的な歯軋りで、歯と歯の過剰接触が原因によるエナメル質や象牙質の損傷(咬耗症:こうもうしょう)の心配もあります。
クレンチング 上下の歯の強い噛み締め(くいしばり)です。
昼夜を問わない習癖ですが、音が出ないこともあり自覚症状はほとんどありません。
タッピング 上下の歯をカチカチと過剰に噛む動作です。
昼夜を問わない習癖ですが自覚症状はほとんどありません。

顎関節症はTCH(歯列接触癖)と歯軋り(ブラキシズム)が関係していると言われています。
顎の筋肉に過度な負担のかかるTCHと歯軋りは、筋肉の緊張や疲労に繋がり、顎関節への負担が増えるため、顎関節症だけでなく様々な不定愁訴に関わっていると考えられます。

また、TCHと歯軋りの原因には不適切な咬み合せが影響していることが多々あります。
つまり、咬み合せとTCH・歯軋りを改善することは顎関節症や不定愁訴の改善につながると考えられます。

顎関節症の治療ならお任せください
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る