名古屋市中村区「宮本歯科」 - レーザー治療器の特性を利用した虫歯・歯周病の予防と治療、知覚過敏の改善、歯ぐきの黒ずみ除去、小帯切除などの口腔外科など

痛みが少ない!治癒が早い!体にやさしい!歯科レーザー治療

痛みの少ない治療をしたい!
もっと快適に治療を受けたい!

このような要望は患者さんの治療をする私たちにとっても課題です。
当院ではレーザー治療器を導入し、適応こそ限られますが、患者さんの要望にお応えできるよう努めております。

レーザー治療器とは
炭酸ガスレーザー

レーザー光は拡散せずに一定方向に進む指向性を持った単一波長の光線です。
当院のレーザー治療器は炭酸ガスレーザーで、その波長[10.6μm]は水に吸収されやすい性質を持ち、組織表層で熱に変わり蒸散作用を起こします。

レーザー治療は、この熱と蒸散作用を応用しておこなうもので、その作用はレーザー光を照射した組織表層に限られるため、治癒が比較的早く、生体に対する安全性も立証されています。

MIの概念に賛同する当歯科医院では、身体にやさしいレーザー治療器を導入し、痛みの少ない治療・歯や歯ぐきにやさしい治療に取り組んでおります。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
レーザー治療器の特徴
レーザー治療器の特徴

当院のレーザー治療器は、レーザー光の発信モードや照射モード、焦点照射(フォーカス)や非焦点照射(デフォーカス)などの調整が容易で、歯肉の切除や切開、歯肉の炎症緩和、口内炎の治療、歯内治療、歯質の強化など様々な治療への応用が可能です。

使い手次第になりますが、無痛あるいは最小限の痛みに留めた治療が可能です。

痛みをほとんど感じないため無麻酔での治療が可能
歯の表面や歯周組織などあらゆる部位に使用できる
レーザー照射した部位以外の周囲組織に影響を及ぼさない
組織浸透性に優れ麻酔効果(疼痛緩和効果)を得やすい
口内炎など軟組織表層の治療も得意
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
当院の歯科レーザー治療

“歯を大切にされたい方”や“痛みの少ない治療をご希望の方”にとって、
レーザー治療はかなり魅力的に映るようです。
しかし、すべてにおいて万能という治療ではありません。
レーザー治療の適応・非適応などの判断は診察してからになりますのでご理解ください。

軟化象牙質の除去(虫歯感染部位の除去)

虫歯に感染して軟らかくなった象牙質は細菌の温床であるため徹底的に除去しなければなりません。
レーザー照射によって軟化象牙質を脱水・殺菌し、効率的に除去することで、その後の虫歯治療の成功率をより高めることができます。

軟化象牙質の除去(虫歯の治療)は、より高い治療効果を得られるドックベストセメント法をお勧めしています。

ドックベストセメント法による歯にやさしいMI虫歯治療もご覧ください >>

フッ素塗布とレーザー照射で虫歯予防

レーザーにはフッ素の浸透効率を高める働きがあります。
通常のフッ素塗布にレーザー照射を加えることで効果を高めさらなる歯質強化が期待できます。

シーラントの虫歯予防効果をUP

シーラントの虫歯予防効果をUP

虫歯になりやすい奥歯(臼歯)の溝を樹脂で埋めて予防する子ども向けの処置がシーラントです。
あらかじめレーザー照射によって奥歯の溝を除菌しておくことでシーラントの予防効果を高めることができます。
当院の使用するシーラント材はフッ素徐放性とフッ素リチャージ機能を備えておりますのでさらなる予防効果が期待できます。
フッ素徐放性…極めて微量なフッ化物を放出し続け虫歯予防に効果を発揮します。
フッ素リチャージ機能…フッ化物含有歯磨剤の使用でシーラント剤にフッ化物がチャージされます。

根管治療の無菌化に応用

根管治療の無菌化に応用

歯髄が虫歯に侵された“歯髄炎”や歯の根元が細菌に侵された“根尖性歯周炎”などの根管治療において根管内の無菌化は必須条件です。

この根管内の無菌化に通常の治療に加えレーザー照射による瞬間的な熱作用による殺菌効果を応用します。
根管内に残った細菌を隈なく殺菌して治療効果を高めることで、治療後の炎症などの発生頻度を抑えることができます。

歯周レーザー治療

レーザー照射による瞬間的な熱作用により、歯周病菌の温床である歯周ポケット内を殺菌・消毒し、歯周病の治癒を促進します。

歯周病の急な歯ぐきの痛みや歯ぐきの腫れ(P急発)など歯周病の症状が顕著に現れている場合にも有効です。

歯周レーザー治療

知覚過敏の改善

知覚過敏の改善

歯髄の周囲の象牙質にはエナメル質から歯髄に向かって細かな象牙細管が走っています。栄養補給路であったり歯牙の形成・維持の役目を担っていますが、この象牙細管が直接歯髄に刺激を伝えるようになると“しみるような”痛みを生じるようになります。これが知覚過敏です。

象牙質知覚過敏抑制剤とレーザー照射を併用することで象牙細管を塞ぎ歯髄への痛みの伝達をブロックすることで知覚過敏を改善します。

歯ぐきの切開・切除

レーザー照射による歯ぐきの切開は蒸散作用と瞬間的な熱作用によるものです。
切開と同時に血液を熱凝固していくため出血がほとんどなく、また痛みがほとんどないため多くのケースで麻酔を必要としません。歯ぐきの退縮が小さく、熱作用による殺菌効果もあるため、治癒が早く、より衛生的で体にやさしい処置がおこなえます。

小帯切除術

小帯切除術

小帯付着異常は小児期に多い口腔内粘膜の付着異常です。
特に上唇の中央にある上唇小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯ぐきの裏側まで入り込んでしまっている子も見かけます。

このような小帯付着異常は、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、発音・言語障害などの問題に繋がることがあるため、経過観察をして、ある程度の年齢になっても改善されない場合は小帯を切除します。

歯ぐきの黒ずみ除去

歯ぐきの黒ずみの原因はメラニン色素です。
口腔粘膜は上皮層・粘膜固有層・筋層からなり、上皮層は基底細胞と有棘(ゆうきょく)細胞で構成され、メラニン色素は基底細胞上に存在します。

レーザー照射によって上皮層の奥にあるメラニン色素をピンポイントに破壊することで、メラニン色素の沈着を比較的簡単に改善することができます。

口内炎の改善

口内炎

口内炎の原因は多様です。
細菌感染や抵抗力の低下、過度なストレス、咬み合わせの不良や機械的刺激・化学的刺激などが要因となって起こります。ビタミン不足や全身疾患の症状のひとつとして起こることもあります。

口内炎の改善もレーザー治療器の得意種目です。
レーザー照射によって口内炎を蒸散させることで、痛みはすぐに解消され、治癒も短期間です。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯科レーザーで快適・無痛治療!
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る