名古屋市中村区「宮本歯科」 - 歯根のう胞摘出術、歯根端切除術、抜歯(親知らず・埋伏歯)、小帯切除術、口唇粘液のう胞摘出術、骨隆起切除術、口内炎など

歯科口腔外科

歯科医院によっては対応していない埋伏歯の抜歯(難抜歯)など、ほとんどの口腔外科小手術に対応しています。
また総合病院や口腔外科専門医、顎関節症専門医などとも連携し、万全の体制をもって診療しております。

安全に、安心して外科手術を受けていただくために他院では抜歯できないと言われた方もご相談ください!

歯科用CTで安心・安全歯科口腔外科

CTで得た3D画像で診断

顎骨内には重要な神経や動静脈が通っています。
これらを傷つけてしまうと、神経麻痺の原因になったり、動静脈の場合は術中の大出血に繋がる恐れがあります。
そのため当院では、抜歯など顎骨内に影響をおよぼす手術では必ずCT撮影を実施しています。

撮影データは顎骨や周囲組織の構造を立体的に把握するための重要な資料となります。
そして口腔状態を詳細に把握してから、歯科口腔外科に精通した歯科医師が高度な技術をもって執刀します。

また当院は厚生労働省が策定した歯科外来診療環境体制を満たした医療機関として院内感染防止対策促進協議会WEBサイトに登記されています。

歯科口腔外科診療は技術力・衛生面とも備えた当院にお任せください。

当院の歯科口腔外科治療

歯根のう胞摘出術

歯根のう胞摘出術

歯根先端部が細菌に侵されると、歯根のう胞という袋状の膿の塊ができることがあります。
軽度の場合はかぶせ物などを外して根管治療をおこないますが、重度の場合は歯根のう胞を直接取り除く外科手術(開窓法)をおこないます。
手術では、歯肉を切開し、顎骨に穴を開けて摘出します。
その後、状態観察をおこないますが、改善しない場合は抜歯が必要になることもあります。

歯根のう胞は根管治療が不十分であったり、歯根が割れて細菌が進入して起こることが多いため、虫歯の治療とくに根管治療は確実におこなうことが重要です。

歯根端切除術

歯根端切除術

歯根のう胞摘出術をおこなっても改善が見られない場合は歯根端切除をおこなうことがあります。
歯根先端部の病変を絶つための最終手段ともいえる処置で、歯を残すことを最大の目的としておこないます。
多くの場合、病変を絶つことで改善できますが、治療後の状態によっては抜歯することもあります。

抜歯

通常の抜歯や親知らず(埋伏智歯)の抜歯、難しいため歯科医院ではあまり対応していない顎骨に埋まっている歯(埋伏歯・水平埋伏歯)の抜歯まで、ほとんどの抜歯に対応しています。
埋伏歯は、虫歯や歯肉の炎症(智歯周囲炎)の要因になることがあるため、周囲の健康な歯への影響を絶つために抜歯の対象となる場合があります。

当院ではこのような時に抜歯を検討します!
重度の歯髄炎 重度の虫歯によって歯髄(歯の神経)がひどく炎症している
根尖病巣 虫歯菌や歯周病菌などによる歯根先端部の病巣
歯槽骨吸収 重度の歯周病で歯槽骨がなくなり、歯を支えていられなくなった
歯並びの予防 今後、歯並びに悪影響を与えると考えられる場合(親知らず等)
虫歯・歯周病予防 ご家庭での口腔ケアを阻害していると判断した場合(親知らず等)
抜歯・難抜歯・親知らずの抜歯対応医院

小帯切除術

小帯切除術

口腔内の頬、舌、上下唇にあるヒダを小帯と言いますが、異常がある場合は切除が必要になります。 特に乳幼児期のお子さんの場合、上唇小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯ぐきの裏側まで入り込んでしまっている子も見かけます。

このような小帯付着異常は、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、発音・言語障害、見た目(審美的)が良くないなどの問題に繋がることがあるため、経過観察をして、ある程度の年齢になっても改善されない場合は小帯を切除します。

口唇粘液のう胞摘出術

口腔内の唾液を分泌する小唾液腺の分泌異常によって、唾液が溜まって生じる水ほう(のう胞)です。
実害はほとんどありませんが、子どもの起こることが多く、腫れるととても気になるものです。
再発しにくいよう、異常のある小唾液腺ごと切除して改善を図ります。

骨隆起切除術

骨隆起は骨の表面から外側に向かい骨が増殖したもので外骨症とも言います。
歯科的には、上顎の口蓋(お口の天井部)にできる口蓋隆起と、下顎の内側にできる下顎隆起が主なものです。病的な意味はありませんが、入れ歯の邪魔になったり、言語障害につながる可能性がある場合は増殖した骨を切除します。

口内炎

細菌感染や抵抗力の低下、過度なストレス、咬み合わせの不良や機械的刺激・化学的刺激など、口内炎の原因は様々です。
また、ビタミン不足や全身疾患の症状のひとつとして起こることもあります。

口内炎のひどい痛みの苦労は誰もが経験されていると思います。
治療では口腔内の消毒、レーザー照射やステロイド系抗炎症薬の貼薬などをおこないますが、抵抗力の低下や過度なストレスも原因と考えられるため静養も必要です。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
治療技術・麻酔技術で無痛治療に挑みます
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る