名古屋市中村区「宮本歯科」 - 地域の歯科医院としてインプラントのメインテナンスまでしっかりおこない、インプラント周囲炎などから患者さんのインプラントをお守りします

健康追求インプラント

お口の健康と全身の健康には密接な関係があり、歯を1本失うだけでも咬み合わせが狂い、それが身体に悪影響を及ぼし、不定愁訴となって表れることがあります。

失った歯を補う治療には、ブリッジや入れ歯・インプラント治療がありますが、ここでは自然歯に近い噛み心地から【第二の永久歯】と言われ、治療技術の進展が著しいインプラント治療をご案内します。

インプラントとは
インプラント

インプラントは自然歯の代わりに生体親和性(骨と強く結合する性質)の高いチタン製の人工歯根(歯の根)を顎の骨に埋め込み、その上に自然歯に近い性質を持つセラミックスなどの人工歯を取り付ける歯科の最先端医療技術です。

インプラントの最大の特徴は顎の骨に支持し固定するので、ブリッジのように両側の健康な歯を削る必要がなく、入れ歯などと比べてもしっかりとよく噛める(咀嚼機能)ことにあります。

失った歯が1本の場合から、まったく歯がない場合など様々な状態への対応が可能です。

インプラント治療の術前~上部構造セット完了まで
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
当院のインプラント治療の考え方

歯科治療において最も大切なことは患者さんの安心と安全です。
インプラント治療のような外科的処置を伴う場合はなおさらで、さらなる慎重さが必要です。
当院では以下の考えのもとインプラント治療をおこなっております。

本当に必要な患者さんにのみインプラント治療を提案します

患者さんの安全を何よりも優先した治療をします

精密検査によって状況を把握してから治療します

治療後のメインテナンス方法を丁寧に説明します

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
このような方にインプラント治療をお薦めします

歯を失って困っている方やお悩みの方は大勢おられます。
インプラントは自然歯とほとんどかわらない見た目や噛み心地を再現する治療です。
健康や若々しさにも良い影響が期待できますので、次のような方はぜひご検討ください。

インプラントのメリットに期待したい
インプラントによる噛む刺激、全身への良い影響に期待したい
自然歯と変わらない見た目がほしい
何でも食べられるようになって家族と同じ食事をしたい
現在の悩みごとや困りごとを解消したい
ブリッジのために健康な歯を削りたくない
抜けている歯が多くてブリッジができない
入れ歯の見た目に抵抗がある
入れ歯の違和感や嘔吐反射、痛みなどがあり装着できない
入れ歯がすぐ合わなくなる
入れ歯のため話しにくい
入れ歯のため好きな食事ができないし、硬い物も食べられない
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
当院が導入しているインプラント

当院の扱っているインプラントメーカーは3社で、それぞれに特徴があるため、患者さんの口腔状態に合わせて選択しております。
ここでは比較的よく用いるスプラインHAインプラントをご紹介します。

スプラインHAインプラント
HAインプラント

HAインプラントはチタン製のインプラント表面にハイドロキシアパタイト(HA)がコーティングされたインプラントです。

顎骨とHAインプラントの骨結合様式はバイオインテグレーション(Biointegration)によるもので、従来の顎骨とチタンインプラントの骨結合様式であるオッセオインテグレーション(Osseointegration)よりも良好な結合が得られると評価されています。

そのためHAインプラントは、顎の骨の量が少ないケースにおいても、骨を作る処置と同時にインプラントを埋め込むこと(抜歯即時埋入法)もできます。
これまでのインプラント治療とは異なり、治療の負担軽減、成功率の向上など様々なメリットがあります。





  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
インプラント治療と従来の治療の比較

歯を失った時の治療にはブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどがあります。
どの治療にもメリット・デメリットがありますが、他の健康な歯を傷付けたくない、よく噛めるようになりたいなど、自然歯と同じような感覚をお求めの方にはインプラントをお薦めします。

インプラント治療の術前~上部構造セット完了まで

歯を一本失った場合

従来の治療方法 − ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

従来の治療方法 − ブリッジ
■メリット
短い治療期間となります。
■デメリット
両隣の健康な歯を削る必要があります。
削られた歯への負担が増加します。
歯を失った部分の骨が痩せていきます。
インプラント

インプラントとセラミックスの人工歯を使って両隣の歯を削らずに治療できます。

インプラント
■メリット
メインテナンスをきちんとおこなえば、
長期に渡って機能と見栄えを維持することができます。
天然歯に近い見栄えです。
健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
顎の骨が、やせ細るのを防ぐことができます。
自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
口元を気にせず、自然に話すことができます。
■デメリット
健康保険が適用されない治療となります。
簡単な手術が必要です。

歯を数本失った場合

従来の治療方法 − 部分入れ歯

部分入れ歯は金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

従来の治療方法 − 部分入れ歯
■メリット
短い治療期間となります。
■デメリット
バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
違和感を感じることがあります。
歯を失った部分の骨がやせていきます。
インプラント

インプラントは天然歯と同じような安定性・機能性・見栄えを備えています。

インプラント
■メリット
メインテナンスをきちんとおこなえば、
長期に渡って機能と見栄えを維持することができます。
自然歯に近い見栄えです。
顎の骨が、やせ細るのを防ぐことができます。
自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
口元を気にせず、自然に話すことができます。
入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる
不快感を解消します。
■デメリット
健康保険が適用されない治療となります。
簡単な手術が必要です。

歯を全て失った場合

従来の治療方法 - 総入れ歯

総入れ歯を歯ぐき全体にかぶせます。上あごの場合は口蓋も覆います。

従来の治療方法 - 総入れ歯
■メリット
短い治療期間となります。
■デメリット
入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
硬い物を噛むと、入れ歯が歯ぐきを圧迫し、痛みを感じる
ことがあります。
味覚に影響する場合があります
入れ歯と歯ぐきの間に食べた物がはさまる場合があります。
顎全体の骨がやせることがあります。
インプラント

インプラントを用いた入れ歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

インプラント
■メリット
メインテナンスをきちんとおこなえば、長期間にわたって、
機能と見栄えを維持することができます。
自然歯に近い見栄えです。
顎の骨が、やせ細るのを防ぐことができます。
自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
口元を気にせず、自然に話すことができます。
入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる
不快感を解消します。
■デメリット
健康保険が適用されない治療となります。
簡単な手術が必要です。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
インプラント治療の流れ

インプラント手術には大別して1回法と2回法があり、どちらにもメリット、デメリットがあります。
手術方法の選択は患者さんの安全とインプラントの長期保存性を考慮して決定します。

インプラント手術2回法

外科手術を2回おこなうインプラント治療です。
1回目の外科手術でインプラントを埋め込み、歯肉を縫合して外界との接触を遮断します。
そのため、細菌感染や余計な応力などを気にすることなく、安心してインプラントと顎骨の結合を待つことができます。

インプラント手術1回法

1回の外科手術でおこなうインプラント治療です。
1回法ではインプラントと顎骨の結合をインプラントの頭が歯肉より外に出た状態で待ちます。
外科手術が1回で済むため、患者さんの負担は軽くなりますが、細菌感染や余計な応力がかかるなど失敗するリスクが多少高くなります。

インプラント治療の流れ

当院が最も多く採用している2回法によるインプラント治療の流れをご案内します。

ステップ1 インプラント埋入
ステップ2 歯肉縫合
ステップ3 オッセオインテグレーションステップ3 オッセオインテグレーション
ステップ4 歯肉の形成
ステップ5 歯肉の治癒ステップ5 歯肉の治癒
ステップ6 歯型採取
ステップ7 上部構造の装着
ステップ8 インプラント治療完了
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
インプラントを可能にする骨造成術

歯を失ったままにしていると、歯槽骨が吸収され骨幅の薄い顎骨になってしまいます。
インプラントは顎骨との結合が絶対条件ですから、顎骨の高さや幅が少ないと埋め込むことができません。
このような場合、顎骨を再生または造成して、インプラントをできるだけ深く埋め込み、結合が確実に起こるような状態にしなければなりません。

顎骨の再生や造成には骨の状態やインプラントの術式によって様々な方法がありますが、比較的よくおこなう骨造成術をご案内します。

ソケットリフト法

上顎の骨幅が狭い時におこなう骨造成術
ソケットリフト法

上顎の上、鼻の左右の骨内には上顎洞という副鼻腔(空洞)があります。
上顎の骨幅が狭いとインプラントが上顎洞を突き抜けてしまうため、そのままではインプラントを埋め込むことができません。

ソケットリフト法は特殊な器具を用いて充填した骨補填材(骨生成材)と共に上顎洞底部を押し上げ、骨を造成し、骨幅を確保する手術です。
インプラント手術は造成した骨が安定してからおこないます

ソケットリフト法

骨誘導再生療法(GBR法)

歯槽骨の骨幅が狭い時におこなう骨造成術

歯槽骨や顎骨の再生を促す治療方法です。
インプラントを埋め込む部分の顎骨や歯槽骨が十分でない場合におこないます。状況により、骨補填材(骨生成材)を使用したり、患者さん自信の骨(自家骨)を採取・移植して、骨の再生を促します。

骨誘導再生療法(GBR法)

■ インプラント手術の前に骨の再生をする場合
骨の吸収が激しい場合におこないます。骨を再生する部分に骨補填材や自家骨を補填し、保護膜で覆ってから歯肉を縫合して一定期間おき骨の再生を待ちます。骨が再生し安定してからインプラント手術をおこないます。

■ インプラント手術と同時に骨の再生をする場合
歯槽骨の後退によって歯肉が痩せ、埋め込んだインプラントが歯肉表面に露出してしまう場合など、骨の吸収が比較的軽い場合におこないます。
インプラント手術時にインプラントの露出部分(骨を再生する部分)を保護膜で覆ってから歯肉を縫合します。保護膜は分解されて自然に消失します。

骨誘導再生療法(GBR法)
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
安心・安全インプラントは当院で
院長が管理している名古屋・中村区「インプラント・審美専門外来」サイトもご覧ください。
名古屋・中村区「インプラント・審美専門外来」
インプラント治療の術前~上部構造セット完了まで
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る