名古屋市中村区 宮本歯科 - 歯周病(歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏)治療 - 歯周検査・歯石除去・歯周レーザー治療・エムドゲインゲル・歯周組織再生療法など

歯周病・歯槽膿漏の予防と改善

歯周病は最終的には歯を失う恐ろしい病気です。
どんな食べ物でも、ご自身の歯できちんと噛んで食事をできる喜びは歯を失って始めてわかるものです。
味覚を楽しむことは“健康長寿”、つまり自立した生活を長期間おくるためにも大切な要素と言われています。

当院では患者さんの歯が長期的に健康であられるよう、歯周基本検査から歯周基本治療、歯周外科治療に至る全ての歯周治療を患者さんに合わせてご提案しております。

歯周病は歯を失う原因のNo1
歯周病は生活習慣病! そして国民病! 本当に怖ろしい歯周病!

歯周病は虫歯と同じく細菌による感染症です。
進行するにつれて、歯を支える歯ぐき・歯根膜・歯槽骨と破壊され、最終的には歯を失う病気です。
歯を失う原因のNo1とされており、平成17年に8020推進財団のおこなった「永久歯の抜歯原因調査」では、歯周病が原因で歯科医院で抜歯した方が全体の約42%を占めています。
また厚生労働省が2012年6月に公表した歯科疾患実態調査では成人の75~85%の方が歯周疾患を有していると報告されています。軽度歯周病、重度歯周病など程度の差はありますが、これからも多くの方が歯周病が原因で歯を失うことになることは間違いありません。
データからも予測できますが歯周病の予防は個人ではとても難しいものです。
歯周病予防のため、お口の健康維持のために、ぜひ当院をご活用ください!

  • 永久歯の抜歯原因調査報告
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯周病菌とは
歯周病発症リスクと危険度

お口の中に潜む微生物は700種類以上!
歯周病の原因となるのはその中の数十種類、細菌や真菌(カビ)、寄生虫(原虫)などです。
【歯周病菌】とはこれらの微生物の便宜的総称です。

また、歯周病の進行は歯周病菌だけの問題ではありません。
お口の衛生状態が悪いと歯周病菌の増殖に繋がりますし、生活習慣(食習慣・体調・飲酒・喫煙など)の乱れは体力低下、つまり免疫機能の低下に繋がります。
これらは歯周病の進行(悪化)に大きく影響するため、歯周病は生活習慣病に分類される疾患とも言えます。

歯周病菌とバイオフィルム
歯周病を進行させるバイオフィルム(歯垢と歯石)は細菌の温床!
歯面に付着したバイオフィルム

バイオフィルムは歯の周囲に付着した白っぽいネバネバした塊のことで、学術的な定義こそ若干異なりますが歯垢とほぼ同意です。

バイオフィルムは無数の微生物や微生物の排泄物や死骸などが強固に繋がりあったコロニーで、表面の粘膜は免疫細胞や抗菌物質を跳ね返すバリアの役目をしており、歯周病菌や虫歯菌の温床となっています。

歯周病の元凶とも言えるバイオフィルムですが、歯面に強固に付着しており歯磨きだけでは落とせません。そのため、歯科医院で定期的に落とす必要があります。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき
歯周病は歯ぐきの炎症から始まります!
歯面に付着したバイオフィルム
健康な歯ぐき(歯肉溝)

きれいなピンク色の引き締まった歯ぐきです。
歯と歯ぐきの境の隙間を歯肉溝と言いますが、健康な歯肉溝の深さは2mm弱とされています。

歯周病の歯ぐき(歯周ポケット)

歯周病は歯ぐきの破壊から始まります。
侵入したバイオフィルムによって歯肉溝が拡大し深さも増して、歯周ポケットと呼ばれるようになります。
歯周ポケットは歯周病の状態を診るバロメーターです。
重度歯周炎になると歯周ポケットの深さは10mmに達することもあります。

歯周病と全身疾患の関係
お口の健康維持は全身の健康を守ることにつながります!

虫歯菌や歯周病菌などの微生物は気道や歯ぐきの毛細血管を通して体内に侵入し、さまざまな疾患の要因になることがあります。
ここで案内する疾患を予防するためにも、健康な口腔環境を維持することは大切です。

歯周病が要因となりえる様々な全身疾患
歯周病が要因となりえる様々な全身疾患
糖尿病 糖尿病は血液中の血糖値が異常に高まる病気で、さまざまな合併症を起こす危険性をはらんでいます。
歯周病と糖尿病は互いの治療効果を妨げ合う関係にあるため、医科歯科連携の同時治療が大切です。
誤嚥性肺炎 唾液や飲食物とともに微生物が肺に入る(誤嚥)ことで起こる肺炎です。
高齢の方に多いトラブルで充分な注意が必要です。
感染性心内膜炎
(細菌性心内膜炎)
歯ぐきの毛細血管から侵入した微生物が心臓の弁や内膜、心筋に感染して起こることがあります。
虚血性心疾患
(心筋梗塞・狭心症)
血液中に進入した微生物が原因で、心臓の冠状動脈が損傷し血栓が形成されることがあります。
この血栓によって血流が滞ると心筋梗塞や狭心症の危険性が出てきます。
内臓疾患 歯ぐきの毛細血管から侵入した微生物によって腎臓や肝臓に疾患が起こることがあります。
糖尿病との合併症も懸念されます。
早産や低体重児出産 生体が歯周病に対して起こす免疫反応(スイッチ)と、生体の出産時期の合図(スイッチ)は似ており、生体の誤作動による早産の誘発が起こることがあります。
妊産婦の口腔ケアや歯周病予防は極低出生体重児の出生率を下げるとの報告もあります。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯周病の進行
歯周病は症状の軽いうちの治療が大切です!

歯周病は歯周組織に起こる歯周疾患の総称で症状に応じて歯肉炎と歯周炎に分けられます。
歯槽膿漏は歯周炎のことで少し前まで使われていた病名です。

歯肉炎のように歯ぐきの炎症で留まっているうちは完全な治癒が見込めます。
しかし、歯周炎は歯槽骨の破壊(吸収)が起こっているため、健康な状態に戻すことはできても失った歯槽骨を元の状態に戻すことはできません。そのため、歯ぐきが下がって歯根部が見えるようになったり、歯が大きく見えるようになったりします。

歯周病は“サイレントディジーズ”と形容されるくらい自覚症状の出の遅い病気です。
症状の軽い歯周病は「あれっ? 何か変だなぁ」といった違和感にしか感じられないかもしれませんが、歯周病は確実に進行しています。
重度の歯周炎になる前に、歯を守るためにも歯周病への気遣いは大切です。

歯周炎

歯肉炎

歯周ポケットの深さ 3mm以内

歯周病菌が歯肉溝に侵入してバイオフィルムを形成し、歯周ポケット化しています。歯ぐきが炎症を起こして少し赤く腫れていますが、自覚症状はほとんどありません。

バイオフィルム - 細菌の温床! 歯周病菌の要塞!
多数の細菌の凝集塊(歯垢:プラーク)と石灰化した細菌の死骸などからなる歯石の塊から成る細菌の温床です。

歯ぐきに限局された状態で歯根膜や歯槽骨の破壊はありません。
適切な口腔ケアと歯科医院での処置によって、もとの健康な状態に戻すことができます。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯周ポケットの深さ 3~5mm程度

歯周病の悪化に伴ない歯周ポケットはさらに深くなり、歯根深部への歯石の付着が始まります。
歯ぐきの炎症も肥大し、出血や排膿といった自覚症状も現れ始めます。

歯を支える歯根膜や歯槽骨の破壊はこの頃から始まります。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

歯周ポケットの深さ 4~7mm程度

歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨の破壊が進むと歯はグラつき始めます。歯槽骨の破壊によって歯ぐきは下がり歯根露出が始まります。

ブヨブヨとした歯ぐきからの出血や排膿が頻繁に見られるようになり、口臭もきつくなってきます。

重度歯周炎

重度歯周炎

歯周ポケットの深さ 6mm以上

歯周病の最終局面です。
歯槽骨のさらなる破壊によって歯のグラグラはさらに大きくなり歯根露出も顕著になります。
歯ぐきからの出血や排膿は収まらず、口臭もひどくなり、痛みから物が噛めないこともあります。

そのままにしていると歯は自然に抜け落ちてしまいます。
歯を残すことが難しい場合は抜歯も必要になります。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯周基本検査
感染者の多いことでギネス認定された歯周病の予防対策!

自覚症状がないから歯周病ではないかと言うと決してそんなことはありません。
歯周病は人類史上もっとも感染者が多いことでギネス認定された病気です。
冒頭でもご案内しましたが、日本における2012年発表の歯科疾患実態調査では成人の75~85%の方が歯周疾患を患っています。

当院では初診時や定期健診時に歯ぐきの健康状態を診る歯周基本検査をしています。
患者さんに検査結果をきちんと伝えることはもちろん、たとえ歯周病になっていたとしても、これから取り組むべき治療方法をわかりやすく説明しています。

問診

日頃の口腔ケアについて詳しくお聞きします。
歯周病を効果的に改善・予防するために食事・飲酒・喫煙・持病や日頃のストレスなどもお聞きします。

歯周ポケットの深度測定

歯周ポケット(歯肉溝)の深さは歯周病の進行度を診るもっともわかりやすい指標です。

歯周ポケットの深度測定歯周ポケットの深度測定

歯の動揺度検査

歯周病が進行するにつれて歯はグラグラと動くようになっていきます。
このグラつきを診るのが歯の動揺度検査で歯の側面に力を加えて判定します。

動揺度検査動揺度検査

歯の動揺度を数値化して判定

歯の動揺度を数値化して判定
より正確に診る必要がある場合は、ペリオテストを用いて動揺度を数値化して診ます。
上記で案内した4段階の臨床的動揺度を、さらに細かい−8~+50の範囲に数値化・分類することができるため詳細な判定をすることができます。

レントゲン検査

パノラマ写真なら歯列全体の確認が可能

歯を支える歯槽骨の状態や歯周組織の炎症状態を把握するためにレントゲン撮影をおこないます。

歯列全体の感染状況はパノラマ写真、感染部位の詳細を診る場合はデンタル(歯1~3本の写真)を用います。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯周基本治療
歯周病の原因菌を徹底排除! 口腔内を衛生的にする治療!

ほとんどの歯周病の要因は不規則な日常生活や不十分な口腔ケアにあります。
細菌が活発になりさらなるバイオフィルムの拡大に繋がるためで、歯周基本治療ではこれらの要因の排除が目的の治療になります。
そのため、口腔内の衛生を保つためにおこなう【プラークコントロール】は大切です。
医院においても自宅においてもプラークコントロールを根底に据えた治療になります。

モチベーション(動機づけ)

歯周病の何たるかを伝え、
治癒に向けた患者さんのやる気向上が目的!
患者さんとの信頼関係で ご家族の健康を守ります。

歯周病の原因や状況を伝え、これからの治療計画や治療期間をわかりやすく説明します。

慢性疾患でもある歯周病の改善にはプラークコントロールなど患者さんご自身の日頃の努力も重要です。
そのため、患者さんとのコミュニケーションで信頼関係を築き、口腔衛生の重要性を認識していただき、医院と患者さんとで互いに強力しながら歯周病の改善を目指します。

TBI(歯磨き指導)

口腔衛生の基本“プラークコントロール”では、
最初に歯磨きを学習します!
歯磨きは150~200gの軽い力で小刻みに

ご自宅でのプラークコントロールは歯磨きが基本になります。
しかし、歯の隅々まできちんと磨けていないと無意味なため、TBI(歯磨き指導)をおこないます。
まず最初に染め出しによる磨き残しチェックをおこない歯磨きの欠点を確認します。その後、正しい歯磨き方法を説明します。

目的はご自宅での効果的なプラークコントロールです。
口腔状態によってはデンタルフロスや歯間ブラシなどの使用方法も説明します。

歯ブラシの部位と磨ける場所

スケーリング(歯石除去)

口腔衛生の大敵「歯垢と歯石」を徹底除去!!

歯石は微生物の死骸やカルシウムがが石灰化したものです。
歯周ポケットの内外にかかわらず、歯に強固に付着した歯石は歯磨きでは落とすことができません。

スケーリングは専用の器具や機器を用いて歯石をきれいに除去する治療です。
歯周病の治療としてだけではなく、健康な状態を維持するためにも定期健診時毎におこなうことも大切です。

ルートプレーニング(歯根面クリーニング)

歯根面を滑らかにして「歯石」の付着を防ぎます!

ルートプレーニングは歯根表面の歯周病菌に侵されたセメント質や象牙質をきれいに除去する治療です。
歯根面はバイオフィルムの再付着を防ぐためにを滑らか(滑沢)な状態にします。
通常はスケーリングと併せておこないます。

ルートプレーニング(歯根面クリーニング)

歯周病応急処置(重度の歯周病で来院された方)

歯がグラグラしているなど普段の生活に支障をきたしている場合は、隣の歯に固定する処置(暫間固定)などの応急処置をします。
周囲の歯への影響など、状態によっては歯を抜くこともあります。

その他の歯周基本治療

歯周基本治療には、これまで紹介した治療の他に以下の治療があります。

歯周ポケットの清掃 不良補綴物などの修正・除去 保存不可能な歯の抜歯
虫歯の処置 咬合機能の回復処置 暫間固定
知覚過敏症の処置 悪習癖改善(歯ぎしりなど) 応急処置
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯周レーザー治療
患者さんの負担の軽さと、より高い治療効果を求めて・・・
歯周レーザー治療

レーザー光(波長)は、水分に吸収されやすく組織表層で熱に変化・気化する性質(蒸散作用)を持っています。
歯科用レーザーはこの蒸散作用を応用した機器で、周囲の組織に影響を与えずに悪い部分だけピンポイントで治療することができます。

先に案内したスケーリングとルートプレーニングは簡単に言うと歯周ポケット内のクリーニングのことです。
歯周病の治療で最も有効な治療方法ですが、SRPと称してセットでおこないます。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯周外科治療
歯周ポケットを除去し、歯ぐきをキレイに整える歯周外科

歯周基本治療によって歯周病が改善に向かっても、下がってしまった歯ぐきは改善されませんし、深くなった歯周ポケットも容易には改善されません。

歯周外科治療は基本的に重度の歯周病の治療方法です。
下がってしまった歯ぐきの改善などさらなる改善をお望みの方や、歯を長期間残したいとお考えの方にお勧めの治療方法です。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

外科的侵襲が少なく、高齢の方や合併症を有する方にも適応!

歯周ポケット内の炎症した歯肉や歯根面についた歯石、汚染されたセメント質を徹底的に除去し、殺菌・消毒します。その後、歯根面を滑らかに磨き上げて歯垢や歯石の付着を防ぎ、歯周ポケットの減少を促します。
歯周ポケットの深さが4~6mm程度の場合におこなう手術で、歯肉切開の必要がないため簡単な手術だと思われがちですが、肉眼で確認しながらできる手術ではないため技術が要求されます。
掻爬(そうは):「かきとる」という意味

歯周ポケット掻爬(そうは)術

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)

外科的侵襲が少なく、高齢の方や合併症を有する方にも適応!

歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、歯根や歯槽骨を露出させます。
炎症した歯肉や汚染したセメント質、歯根に付いた歯石を除去して歯槽骨の形態を整え、組織全体を殺菌・消毒します。その後、歯根面を滑らかに磨き上げて歯垢や歯石の付着を防ぎ、歯周ポケットの減少を促します。
状態に応じて歯槽骨切除術や骨移植術もしくは人工骨移植術を併せておこなう場合があります。

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)

エムドゲインゲルによる歯周組織再生療法

外科的侵襲が少なく、高齢の方や合併症を有する方にも適応!

重度の歯周病で失った歯肉や歯槽骨などの歯周組織を誘導・再生する手術です。
歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、ダメージを受けた歯肉などの組織を除去、歯槽骨の清掃をおこないます。
その後、ゲル状のエムドゲインを塗布して歯肉を元に戻し、経過観察をしながら自然治癒を待ちます。

エムドゲインゲルによる歯周組織再生療法
エムドゲインゲルによる歯周組織再生療法
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
患者さんに最適な歯周治療をご提案!
院長が管理している名古屋・中村区「インプラント・審美専門外来」サイトもご覧ください。
名古屋・中村区「歯周病・歯槽膿漏専門外来」
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る