名古屋市中村区「宮本歯科」 - あまり削らない、痛みの少ない無痛虫歯治療 - フッ素塗布・コンポジットレジン充填法・ドックベストセメント法・根管治療など

未来型虫歯治療

当院では患者さんの将来の健康を視野に入れた虫歯の治療をおこなっております。
そのため、できるだけ歯を削らない治療、できるだけ痛みの少ない治療に取り組み、患者さんがお口の健康維持のために通いやすい歯科医院を目指しております

虫歯の症状

象牙質まで達したC2レベルの虫歯になると痛みや違和感を感じるようになります。
多くの方が虫歯に気付く時ですが、C2の虫歯は歯を削らないと治せません。

C0やC1レベルの初期の虫歯であれば歯を削らずに治すことができますが、このような虫歯は定期検診でないと発見することができません。

当院では、歯を健康に保つことを目的とした【定期検診】をおこなっております。
虫歯の早期発見・早期治療のために、ぜひご利用ください。

CO : 初期の虫歯

CO : 初期の虫歯

表面のエナメル質の透明感が失われ白く濁った状態です。
目立たず痛みもないため歯科医院でないと発見できない虫歯です。

■ 当院の虫歯の治療
歯の再生(再石灰化)を促して自然治癒を目指す治療になるため、歯を削らず、麻酔もせずに痛みのない治療が可能です。
患者さんに合った歯磨き方法の説明、PMTC(歯のクリーニング)および歯質を強化するフッ素塗布をおこないます。
経過観察をおこない、問題がなければ治療終了です。

  • TBI(歯磨き指導)
  • PMTC(歯のクリーニング)
  • フッ化物歯面塗布法

C1 : エナメル質の虫歯

C1 : エナメル質の虫歯

表面のエナメル質が溶け始めた状態です。
痛みを感じないためCOの虫歯と同様に歯科医院でないと発見できない虫歯ですが、この段階であれば歯を削らずに治療することが可能です。

■ 当院の虫歯の治療
COの初期虫歯と同じ治療になりますが、エナメル質が溶け始めているため経過観察をきちんとおこなう必要があります。
虫歯が進行する可能性が高い場合は、歯を少し削ることもあります。

  • TBI(歯磨き指導)
  • PMTC(歯のクリーニング)
  • フッ化物歯面塗布法

C2 : 象牙質の虫歯

C2 : 象牙質の虫歯

象牙質まで進行した虫歯です。
歯髄(神経)に近づくにつれて歯のしみや痛みを感じるようになります。
エナメル質より柔らかい象牙質は虫歯の進行が早いため、早急な治療が大切です。

■ 当院の虫歯の治療
虫歯に侵された象牙質を除去して詰め物をします。
一般的にはレジン(プラスチック材)を詰める治療になります。
奥歯の比較的大きな虫歯の場合は金属や歯と同じ色調のハイブリッドセラミックス(陶剤)を詰めることもできます。
2~3回の通院が必要になります。

  • コンポジットレジン充填法
  • ダイレクトボンディング法
  • インレー修復法
  • ドックベストセメント法

C3 : 歯髄(歯の神経)の虫歯

C3 : 歯髄(歯の神経)の虫歯

虫歯が歯髄(歯の神経)に達し、大きな穴が空いた状態です。
すでに歯髄は壊死し、歯髄炎を起こしている場合はズキズキと激しい痛みがあります。

■ 当院の虫歯の治療
根管治療によって、虫歯に侵された象牙質や歯髄(歯の神経)を除去します。
その後、詰め物やかぶせ物をして治療終了です。
根管内を無菌化・密封する根管治療は、その後の歯の寿命を左右する最も大切な治療です。

  • ダイレクトボンディング法
  • コンポジットレジン充填法
  • インレー修復法
  • クラウン修復法
  • 根管治療(歯内療法)

C4 : 末期の虫歯

C4 : 末期の虫歯

歯冠部(歯の頭)が溶けて歯根のみが残った状態です。
歯の神経(歯髄)は死に絶え痛みはありません。
歯根先端部ののう胞(袋状の膿)など、歯を残すことが困難な場合は抜歯することもあります。
痛みがなくても無数の細菌の住み家になっています。周囲の健康な歯を守るためにも早急な治療が必要です。

■ 当院の虫歯の治療
歯根を生かせる場合はC3と同じ治療になります。
抜歯した場合は両側の歯を支えとしたブリッジ、部分入れ歯やインプラントなどの治療をします。

  • クラウン修復法
  • 根管治療(歯内療法)
  • 義歯・入れ歯
  • インプラント
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
当院の虫歯の治療

虫歯の治療は状態に応じて様々で、正常な口腔機能の修復に重点を置いた保険診療と、見た目(審美性)と口腔機能の両面を追求する自費診療があります。
また、症状が軽い場合は予防処置で治すこともできます。

当院では歯を削る量が少なく歯にやさしい治療【ドックベストセメント】を導入しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ドックベストセメント法は虫歯の進行度合いによって適応が限られます。

TBI(歯磨き指導)

軽い力で細かく動かして磨きましょう!

歯磨きは虫歯を予防する最も有効な口腔ケアです。
C0やC1レベルの軽度の虫歯であれば歯磨きだけで治癒する可能性もありますが、そのためには歯の隅々まできちんと磨けていなければなりません。
TBIでは染め出しによる磨き残しチェックをおこない、患者さんに合った正しい歯磨き方法を説明します。

口腔ケアを効果的にできれば、虫歯を削らずに治すことができるかもしれません。

歯ブラシの部位と磨ける場所

TBI(歯磨き指導)で使用した歯ブラシはお帰りの際に患者さんにお渡します。

PMTC(専門的クリーニング)

PMTC(専門的クリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は予防歯科の先進国スウェーデンでシステム化された専門的な歯のクリーニングです。
口腔内を徹底的にきれいにすることで、細菌の温床であるバイオフィルム(歯垢や歯石)を除去します。

唾液には虫歯に溶かされたエナメル質を修復する力(再石灰化)が備わっています。
PMTCをTBIやフッ化物歯面塗布法と併用することで自然治癒力を高め、症状の軽い虫歯の治癒を目指します。

PMTC(専門的クリーニング)

フッ化物歯面塗布法

フッ素には“歯の再石灰化の促進”と“細菌の活動を低下”させる働きがあります。

症状の軽い虫歯の場合は、PMTCをしてからフッ素塗布をして経過観察をおこないます。
TBIも同時におこない、口腔ケアをきちんとできれば歯を削らずに虫歯を治すことができます。

コンポジットレジン充填法

コンポジットレジン充填法

光照射によって硬化する性質(光重合)を持つ軟性レジン(プラスチック材)を塗り固めながら歯の形態を修復(積層法)する治療法で、インレー(修復物を詰める治療)よりも短期間に治療を終えることができます。応用範囲が広く、欠けた歯の修復やすきっ歯の改善など様々な用途で用いることもできます。

保険適用対応の軟性レジン材を使用することで安価に治療できますが、治療工程もシンプルになり、次の説明にあるコンポジットレジン充填法と比べると修復した歯の色調や形態などが若干落ちます。

ダイレクトボンディング法

コンポジットレジン充填法と同じような治療ですが、修復材が軟性レジンにセラミックスを含んだハイブリッド樹脂材や虫歯予防効果のあるフッ化物を含有した材料になります。
周囲の歯の色調に合わせたり、歯本来の透明感まで再現できるため、見た目がより美しく仕上がります。
応用範囲も様々で前歯など目立つ部分にお勧めの治療方法です。

ダイレクトボンディング法治療イメージ
ダイレクトボンディング法

インレー修復法

インレー修復法

採取した歯型より製作した修復物を詰める治療です。
奥歯の歯と歯の間にできた虫歯の治療などに比較的多く用いられる治療です。

修復物には部位や目的、患者さんの希望などによって、ハイブリッドセラミックス・ゴールドなどがあります。

インレー修復法治療イメージ
インレー修復法

クラウン修復法

クラウン修復法

採取した歯型より製作した修復物をかぶせる治療です。
歯根部を土台として使えればどの歯にでも適用できます。

修復材としては、前歯はレジン(プラスチック)前装冠・メタルボンド・オールセラミックス、奥歯では金銀パラジウム合金・ゴールド・メタルボンド・オールセラミックスなどがあります。
修復物の材質は患者さんの目的や希望によって決まります。

クラウン修復法治療イメージ
クラウン修復法
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
歯にやさしい当院のMI虫歯治療

歯を削って治すことが虫歯治療の基本ですが、削った分だけ歯の健康寿命は短くなるため、将来的な健康を考えると決して良いことばかりではありません。
そのため、当院では通常の虫歯治療の他に“できるだけ歯を削らない、傷付けない”ことを優先したMI治療を導入しております。
MI虫歯治療は、お子さまやご高齢の方、歯科恐怖症(痛がり・怖がり)の方、ショック既往歴のある方や有病者の方などにもお勧めの治療方法です。

通常の虫歯治療について
細菌の感染症である虫歯の治療で一番重要なのは細菌の無菌化です。
保存修復学や歯内療法学に基づいた通常の治療では、細菌に感染した部分を徹底的に除去するために歯を大きめに削ります。また歯髄(歯の神経)が感染した場合は抜髄(歯の神経の除去)も必要です。
エビデンスに基づいた基本的な治療ですが、歯の将来を考えると症例によっては決してベストチョイスとは言えない場合があります。

ドックベストセメント法

銅イオンで虫歯を殺菌・無菌化! あまり削らない歯にやさしい虫歯治療
ドックベストセメント

通常の虫歯治療と比較して、ドックベストセメント法では歯を大きく削ることはありません。
歯髄(歯の神経)まで進行した虫歯でも症状によっては抜髄(歯の神経の除去)せずに治療できる可能性があります。

ドックベストセメントは歯に詰める薬剤です。
主成分の銅から発生する銅イオンの殺菌力が永続的に働き“無菌化”を維持します。歯の再石灰化(再生)を促す効果もあり、自然治癒力も効果的に機能します。

実際の治療では、虫歯に感染した部分を歯科医師の判断で故意に残して薬剤を詰め、経過観察をおこないます。歯をあまり削らないため痛みが少なく、麻酔の必要がない場合もあります。

ドックベストセメント
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
抜髄・根管治療(歯内療法)
歯を残すことが目的の保存修復治療“抜髄・根管治療”
抜髄・根管治療(歯内療法)

歯髄(歯の神経)は神経や血管の集まりで歯髄腔(根管)に収まっており、歯への栄養補給および歯の痛みを脳に伝達する役割を担っています。

この歯髄が虫歯に侵されると“歯髄炎”を起こしズキンズキンと激しい痛みを感じるようになります。 こうなるともう歯髄の壊死は時間の問題です。
このような場合、これ以上の歯の破壊を防ぐため、歯を残すために、細菌に侵された歯髄をすべて取り除く抜髄処置をおこない、歯髄腔(根管)の細菌に感染した歯質などを徹底的に除去・無菌化する根管治療をおこないます。
抜髄した歯や歯髄が壊死した歯は栄養補給の絶たれた失活歯となります。

歯の寿命を左右する根管治療

根管治療は空洞となった歯髄腔を完全に無菌化・密封する治療です。
狭いどころか目視すら満足にできない環境下での治療ですが、その後の歯の寿命に影響するため、経験や技術、レントゲン写真などを 屈指して慎重におこなう必要があります。

根管治療の必要な歯牙および歯周組織の炎症
  • 歯髄炎

    歯髄の炎症した虫歯(C3以上)は自発痛(何もしてなくても痛い)や拍動痛(ズキン、ズキン)があります。

    多くの場合、歯を残すことを目的に根管治療をおこないます。

  • 根尖性歯周炎

    過去に根管治療をした歯に起こる炎症です。
    当時の治療時に歯髄腔の無菌化が不完全であったり、根菅充填(歯髄腔の密封)が不完全な場合に起こります。
    治療後、数ヶ月~数年かけて、腫れや痛みなどの自覚症状のないまま徐々に悪化することが多く、突然の耐え難い痛みで気付くことになります。

歯髄炎根尖性歯周炎
根尖性歯周炎
痛みが少なく、極力削らない虫歯治療
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る
愛知県名古屋市中村区の歯医者さん 宮本歯科

完全予約制です。
急患の方はお電話で受付に症状をお伝えください。

どの程度痛みがあるかなどを具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
連絡のない“いきなりの来院”は、お待たせすることがありますのでどうぞご理解ください。

公開している電話番号は患者さん専用です。
患者さんのご迷惑になりますので、業者様など歯科治療以外のお電話はお控えください。

診療時間・休診日
アクセスマップ
最終受付時間
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る